無利息キャッシングサービスがある消費者金融ノーローンでは休日の借り入れは可能ですか?

 

消費者金融ノーローンは無利息キャッシングサービスがあることから申込みを考える方が多くなってきている消費者金融です。

 

確かに無利息キャッシングサービスはお得ですが、同じ無利息キャッシングサービスでしたらプロミスの30日間無利息キャッシングサービスの方がお得といえます。

 

消費者金融ノーローンの無利息キャッシングサービスは実は7日間のみの適用となりますので、実際にお得になる金額は大したことないのです。

 

そのため、無利息キャッシングサービスというお得なサービスに惹かれているのでしたらSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスに申込みましょう。

 

SIMガール

 

プロミスの利点としては、土日・祝日といった休日でも即日キャッシングが利用できるという点です。

 

普通、キャッシング会社というと土日・祝日を休業してしまい、利用できないなんてことが多くなっております。

 

消費者金融ノーローンもインターネット申込み自体は休日でも受け付けているものの、実際に利用できるようになるまでは営業日を待たなければならないようです。

 

そのため、休日の借り入れを希望しているのでしたらプロミスに申し込んだ方がよろしいでしょう。

 

プロミスは在籍確認も書類確認で行いますので、勤務先の会社が休業していたとしても、審査に影響はありません。

 

休日にキャッシングをしようと検討している方は消費者金融ノーローンではなくプロミスへの申込みを検討してみましょう。

 

SIMガール

 

 

消費者金融ノーローンはブラック、無職、専業主婦、高齢者・障害者(障碍者・障がい者)の年金受給者、水商売、生活保護でも融資してもらえる?

 

消費者金融ノーローンは無利息キャッシングサービスが人気のため、審査基準も厳しめになっているのです。

 

やはり、多くの人が申し込むとなりますと、審査基準を厳しくしないと返済できないような人にも貸してしまうことになります。

 

無利息キャッシングサービスを維持するためにも、消費者金融ノーローンとしては審査を厳しくせざるをえないのです。

 

そのため、ブラック、無職、専業主婦、高齢者・障害者(障碍者・障がい者)の年金受給者、水商売、生活保護といった方々は利用できない恐れがあります。

 

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスも無利息キャッシングサービスを行っておりますが、こちらは大規模な会社で資本力も十分あるのです。

 

そのため、消費者金融ノーローンのように厳しすぎて利用できないなんてことはありません。

 

もちろん、利用条件が満たせていなければ審査には通過できませんが、その利用条件は「安定した収入の確保」です。

 

そのため、ブラックの方は信用情報機関から情報が消えた時点で申し込めばアルバイトなどで収入を確保することで審査に通過可能となります。

 

専業主婦、無職、年金受給者、生活保護の方もアルバイトやパートなどを始めて収入を安定させれば審査通過する可能性が生じてくるのです。

 

水商売の方は自身の収入の安定性に自信が持てない場合は、アルバイトなど副業などを始めて収入を安定させましょう。

 

以上のような対策を踏めばブラック、無職、専業主婦(主夫)、年金受給者、水商売、生活保護の方も利用できるようになるかもしれません。

 

まずは収入を安定させることから始めたうえで、プロミスに申し込むことを検討してみてはいかがでしょうか。

 

SIMガール